皆さん今晩は。6月12日、第2回目のオンラインレッスン開始です。
レッスンテーマは「基本姿勢の理屈」です。このテーマは6月19日第3回目の予定でしたが変更しました。

最初のコンテンツは次の通り。最初のコンテンツだけ無料で教えます。

今回、予定していたのは「エッジング運動の概念」でしたが、このテーマだけ個別にレッスンしても、難解になってしまいます。そして、理解しにくいレッスンとなってしまいます。
この、テーマは今日のレッスンから、織り交ぜていきますので、よろしくお願いします。

それでは、第2回目のレッスン始めます。まずは理屈から。

 私は「基本姿勢」を大切してレッスンしています。そして、平地や斜面に立っている姿勢(立ち姿)を見ただけで、そのスキーヤーの技量(技術レベル)を判断できます。(何十年もスキー教師していると、滑りを見なくても、立ち姿を見れば、そのスキーヤーの技量が分かるようになります。)

姿勢(しせい)とは、重力に対して、バランスを取っている時の体の姿のことです。
また、姿勢は立位、座位、臥位などの静的姿勢やスポーツなどによる動的姿勢もあります。

アルペンスキー基本姿勢の練習に入る前に自分の立位姿勢を写真を参考にして確認してください。
立位姿勢が良好でないスキーヤー、まずは立位姿勢から矯正してください。スポーツ運動の基です。
A1F4A591-2282-4B60-870D-9553186E43A4





特に立位姿勢で大切なことは重心と支持基底面の位置関係です。
地球上の全てのものは重力の影響を受けています。そして、重さのあるものは必ず重心(重さの中心点)があり、そこから地球の中心に向かってまっすぐに引いた直線を重心線、物体を支えている面を支持基底面といいます。
重心線と支持基底面の中心が合っていれば、その物体は安定し、ずれていれば倒れやすくなります。
スキーに限らず全てのスポーツのモーション失敗の原因はここにあります。

皆さんは自分の重心を感じることができますか。そして、支持基底面の中心、真上に位置させることができますか。
立位姿勢での身体重心は、およそ、第三腰椎の数センチ前方(正中面内)に位置しています。成人男性の場合は足底から身長に約56%、成人女性の場合約55%の位置にあります。
E956CF06-5B68-45E8-BEF4-E5F16CC4917B






子供が小学生の頃、運動会が楽しみでした。運動会で速く走る子供の運動フォームは似ています。そして、立ち姿が共通して綺麗です。
プロゴルフの試合をテレビ観戦するのが好きです。そこで何を観察するか。立ち姿と歩き方です。トッププロの歩き方は綺麗&もベーシック。
サッカーを観戦しても、立ち姿と歩いている選手を観察します。
100mで日本記録を更新したサニーブラウン選手は走り方より、立ち姿が気になります。
相撲の綺麗な四肢踏みを見るといつも思います。「このお相撲さん、スキーやっても上手くなる!」
皆さんは綺麗でカッコ良い、四肢踏みできますか。
少しオーバーな極論を述べます。
スキーが上手くなりたかったら、姿勢を直しなさい。次にベーシックなウォーキングできるようにしなさい。できれば、綺麗でカッコ良い、四肢踏み練習しなさい。

様々なスポーツを観戦するとき、そのスポーツのトッププレイヤーのスタイルではなくテクニックに注目するのです。そして、一番注意して観察するのはモーションを起こす直前の姿勢です。
全てのスポーツ運動の基は良好な姿勢です。

オンラインレッスン受講の皆さん、自分の姿勢、まずは点検&矯正してください。
そして、オンラインレッスンで始めるアルペンスキーエッジング・モーションのトレーニングと併用して、正しくウォーキングすることを常に心掛けてください。

姿勢が悪いスキーヤーは練習しても伸びしろが小さい。肝に銘じる事!

もう一度、しつこく言います。普段の日常生活でも重心を感じてください。そして、意識してください。
何を意識するか。これです。
重心線が支持基底面の中心に垂直になっているか!

アルペンスキーの場合、身体重心ははヘソ位置の身体中心辺りにあると考えてください。
そして、滑走中は感じた重心を常に一定に位置保つようにする(重心線と支持基底面の中心が合っている)ことが大切です。
エッジング・モーションで動かすのは重心ではなくスキー三関節(足関節・膝関節・股関節)です。

「切り換えで重心を落とす」というエッジング・モーションは間違いです。重心を動かしては駄目。但し、重心は移動します。
自転車に乗ることを想い出してください。サドルの位置はいつも同じですが、サドルは移動していきます。車も同じです。
何のことか理解できなくても心配しないでください。オンラインレッスンではこの辺りのターンの概念も説明しながら進めていきます。

それでは、今日のレッスンの本題に入ります。

これから先は有料です。

ただ(無料)ではでは教えません。皆さんは美味しいもの食べにいくときを考えて下さい。
美味しい食事、ただ(無料)で食べることできますか。

ただ(無料)ほど怪しいくていい加減なものはありません。気を付けましょう。又、金、払ってもだまされることもあります。SAJ公認スキー教師のレッスンも信じなないほうが良いでしょう。
何故ならば、日本のアルペンスキーは文化ではないからです。

練習は名人を作り出す。そして、夢を叶える。シーハイル!山藤

●蛇足 オンラインレッスン、Aプランは随時申込可能です。
食べず嫌いを直しましょう。あなたのターンテクニックは健康的になります。そして、健康診断も気にならないようになります。滑ることが楽しくなります。