皆さんコンニチハ!最近、明るい話題が無い!

ところがungulationには明るい話題!

コロナウイルスが流行する前からシーズンオフはon-lineレッスン行ってきました。

このオフは「エッジングに関わる関節運動」と題してon-lineレッスン。

今まで、on-lineレッスン、なかなか練習成果出なかった。on-lineレッスンではスキー上達無理か?諦めかけた。

しかし、自分を信じて、毎シーズン、毎回、工夫しながらやった。

on-lineレッスン、4年目にして練習成果がハッキリとでた。

11月17日、シーズンin狭山レッスン。生徒さんは「エッジングに関わる関節運動」を受講したスーパーゼネコンIさん。

正しい板の乗り方をマスターできた。前後・上下バランスが格段に向上した。

ターン運動の概念も正しくなった。舵取りでの加重・抜重運動を頭でも正しく理解した。

腰のポジションが高くなり、粗削りではあるがターンの運動構造とおり運動できるようになった。

雪上で練習しなくても、エッジング運動の質をアップすることできた。

スーパーゼネコンI、頑張った。

私も頑張った。誰も誉めてくれないので、自分で自分を誉めたい!(笑い)

on-lineレッスン、練習成果は動画をご覧ください。SAJの今シーズンテーマ「腰高のポジション」とはこの動画のスーパーゼネコンIの舵取りでのポジションです。

👆👆👆動画はここ👆👆👆


シーズンinしても雪が降らない!

コロナも流行!

昔のひとは言った。「一寸先は闇」

on-lineレッスンも「先は闇」だった。

諦めなくて良かった!

今期はon-lineレッスン、13名受講中。全員に練習成果が出ることを祈っています。シーハイル!

●蛇足 上手くいかない時も我慢してコツコツと基本練習。これしか上手くなる方法は無い!但し、正しく練習することが大切。 ケセラセラ! See you again!