ご無沙汰しております。皆さんお元気ですか。私は毎日、元気してます。

ungulationのシーズンinは11月17日(火曜日)、狭山スキー場と決まりました。
17日レッスンからは前日予約も承りす。又、平日レッスンは開始時間の変更も承ります。ご希望の時間帯で楽しく練習しましょう。どうぞ奮ってご参加下さい。
コロナウイルスが気になる方は陸上自衛隊で防毒マスクをレンタルしてご参加下さい。(冗談!)

湯沢の降雪状況がよければ11月21日よりレッスン会場、かぐらスキー場へ変更します。天気予報を見るとあまり期待できないが、こればかりはしょうがない。

本題に入ります。テーマはストックを突く。ストックワーク。

日本ではSAJの技術選インチキテクニックが原因&感染元。コロナウイルスのように一般スキーヤーに広がり、ストックを突かないスキーヤーが増えてしまった。

●ストックワークは、ターン全体をスムーズに連続させるために大切な運動。
●ターンリズムを作るため、ストックはエッジを切り換えるタイミングで突くようにすることが基本となる。
●その他、抜重補助、回旋補助、バランス補助、制動補助など、さまざまな役割がある。

新雪を滑ると、シュプールの内側にストックを引きずった軌跡(ストックのシュプール)が描かれる。
バランス補助、制動補助が主な目的である。


スキーの神様、ハンネス・シュナイダー。見事なシュプール!
4F5490B6-707A-43DC-8C41-5B7DD838865E





次からの3枚の写真はアルペンスキーテクニック、解脱&悟りを開いた、スキー聖人、山藤和男尊師が描いた新雪シュプール。ありがたく拝みながら見てください。(笑い!冗談!)
AC335CD3-A201-4FCB-8D79-D8BC9C4BD804





96FDEC61-B392-41D3-9B15-82F8B189BA0C





08BDEE2E-DF38-47D3-9547-BC1345E1F294





昔も現在も、そして未来もアルペンスキーの原理・原則は不変です。

次は動画。この動画はon-lineレッスン「エッジングに関わる関節運動」でレクチャーした動画に、雪上でのベーシックなストックワーク練習動画も付け加えました。この動画も拝みながら見てください。山藤スキー聖人を「信じる者は救われる!」(拍手!笑い!)

👆👆👆動画はここ👆👆👆

先回アップした動画もストックワークに観点をもってもう一度観てください。ストックをしっかりと突いています。

順番は逆になってしまいましたが、エッジング運動の4つの基本運動。
●加重&抜重
●角付け
●回旋
●ストックワーク
このblogに動画でアップできました。たまに見て参考にしてください。

このblogでスキー技術について詳しくレクチャーするのはこれで終わりです。次回からはメンバーblogにレッスンレポートと合わせてアップします。(どなたでもメンバーになれます。お問合せ下さい。)

最後にスキーが上手くなる秘訣をもう一つ教えます。

スキーがLikeでは駄目、スキーにLoveです。

良いスキーシーズンをお迎えください。シーハイル!

●蛇足 朝のトレーニング後、駒場運動公園サブグランドで少年サッカー観戦。未来のメッシやロナルドが元気良く走り回り&ボール蹴っていた。
78D1993E-030C-4ED4-AEBB-E60776085F99





試合は決着つかずPK戦へ。選手よりコーチ&親が興奮状態。
欧州のチャンピオンズリーグよりオモシロい。楽しく観戦。
子供達、全員、私よりサッカー上手い。もし、このチームに入ったら私はベンチ外。

少年サッカー見ながら、年とった自分を見つめ直した。

寺山修司の言葉を思い出した。
「振り返るな、振り返るな、後ろには夢がない!」

ケセラセラ! See you again !