皆さん今晩は。本日より神立高原スキー場で沢山滑りました。(週末は岩原スキー場、間違えないで下さい。)

練習目標はいつもと同じ、ベーシックなエッジング運動です。

エッジング運動は雪面に近い箇所から運動がはじまります。

●足裏→足関節→膝関節→股関節

そして運動方向は4方向です。4方向バランスよく板を動かす条件は一つだけ。

●センターポジションキープ

能書きはこれで辞め。

本日の練習成果。動画サイトもご覧ください。

正統派セレブK。今シーズンの海外スキーはレジャーではなくスポーツしてください。
1AE373AD-6824-40FD-914C-25B4D40AB15E




全て初体験A。スキー経験が少ないので、エッジング運動が全て初体験。自己流がないので直ぐに上手くなれます。
0E98D526-B4DB-4584-B57F-EC695044003A




足首曲げろY。足関節の背屈ができない原因はターン始動で骨盤を動かすからです。この辺りの運動をまずは矯正してください。やればできます。やるしかない。但し、根性いります。
411A790B-A698-45E0-9259-DF1D0AD36DFF




新聞OB。上手くなりました。次の課題はエッジング運動の洗練です。
955B9F50-ED1C-4FE8-8FA8-CE5173B48617




練習は名人を作り出す。そして、夢を叶える。シーハイル。山藤

●蛇足 ungulaitionにご参加の生徒さんにお願いがあります。レッスンでは、私に頼らないで下さい。自分の技術練習です。自分のエッジング運動感覚を常に感じて滑って下さい。自分の事は自分でやって下さい。
私は常に生徒さんのエッジング運動を見ています。上手くいかない時は必ず、背中を押して上げます。安心して自分を信じて練習して下さい。
但し、背中を押す時はシーズン中に2〜3回です。又、怠けて練習していると、背中を叩いて、気合い入れます。少し上手くなって、油断しない事。上には上があるのです。