皆さん今晩は。本日も沢山滑りました。

レッスンでスキー教師又はコーチの分野は技術を教える事。
但し、スキーが上手くなる為には技術を教えるだけでは駄目。
全てのスポーツは体、技、心。

しかし、雪上で実際のレッスンでは、体と心のレッスンなどできません。又、この分野は専門家任せた方が良い。
但し、スキー教師やコーチはある程度の知識は必要です。

レッスンで大切なことは、生徒さんの生理事柄も考慮して練習プログラムを立案することです。そして、そのスキーヤーのスキー技量を評価する時は、生理事柄を一切排除してスキルだけを確認する眼力が大切です。

この辺りを考慮できないスキー指導は単なる物真似滑りの指導となってしまいます。

例えば、ジュニアレーシングでトップスキーヤーの高速ターンを真似させて、ハイスピードターンさせるフリースキートレーニングなどは、筋力等の生理的要因を考慮していまぜん。その結果、外力に負けて腰が落ちたりします。回旋や角付け等の正しいエッジング運動を身に付けることは出来ません。
また、シニアスキーレッスンでは筋力を使わずにノソノソ滑らせています。シニアスキーヤーにも筋肉はあります。

能書きはこれで辞め。

本日の練習目標は三つ。
●足関節の正しい曲げ方
●ターン後半の曲げ押出し
●ストックワーク

ファイトレディ。舵取りで筋肉運動が停止しなくなりました。ターン中に凹凸に対応出来るようになりました。写真は凹凸に上手く合わせた瞬間です。
DD059E29-EE75-401D-B951-81B54AD14FEE




ミステリー女子大生。外脚の足関節の使い方が上手になりました。次の課題は内脚も使うこと。但し、内脚に加重し過ぎるとバランス乱れて転倒します。この辺りの調整力をマスターしましょう。動画で確認して下さい。
C0228F09-5EF2-4ADA-8F97-F4B0C3EE3F0D




副会長。両脚加重を少しマスター出来ました。
81BE90A0-0A52-4E43-A50B-AE3B360709F3




練習成果は動画サイトでもご確認下さい。

練習は名人を作り出す。そして、夢を叶える。シーハイル!山藤

●蛇足 休んでないので疲れが溜まってきました。私の疲れは筋肉疲労、精神的疲労ではないので筋肉に休息入れれば直ぐに治ります。
自分で言うのもおかしいが、私は単純な人間だと思います。おそらく、これからも心(精神)を病むことはないと思う。
怖いのは、認知症、脳の劣化です。酒飲むと脳細胞が破壊されると聞いたことがありますが、今日はこれから居酒屋へGOして一人宴会予定。脳味噌の劣化気にして生活していると、心が病んでしまいます。