皆さんおはようございます。昨日は沢山滑りました。

練習テーマはいつも通りベーシックなエッジング運動。
エッジング運動は加重・角付け・回旋で構成されますが、昨日は角付けをメインに練習しました。

そして、エッジング運動は雪面近い箇所から運動が始まります。
足裏→足関節→膝関節→股関節へと連動して伝わっていきます。

角付け運動を最初に開始する関節は足関節です。
パラレルターンではターン始動で、外脚の足関節は背屈・外反、内脚は背屈・内反させながら角(エッジ)を立てていきます。
足関節を運動すると、連動して膝関節、股関節も動きます。

この、運動が上手くできる条件は
●センターポジションキープ
センターポジションをキープできないと、前後バランス保持(リカバリー)のために拮抗筋が収縮、その為、左右、水平方向の運動がストップしてしまいます。不随意運動がおこってしまいます。

足関節の運動方法はホームページの関節トレーニングをご覧ください。

能書きはこれくらいにして、昨日の練習成果。
三刀流Rちゃん。コツを掴むまで我慢して練習してください。正しいエッジング運動を覚えると、速く滑ることができます。
B4B71717-3A1A-4966-909C-C79CE6C97589





三刀流パパ。子供に負けないように頑張れ!
6AF718E8-7BBA-4063-9213-6C69B7B223AF





英語達人。英語のようにスラスラ滑れませんが、エッジング運動が良い方向に向いてきました。
1DBAA779-7D14-4711-9CE0-285968115286





双子パパ。上手く滑れない時、悔しがっているので必ず上手くなります。自信を持ってください。
DE218FC0-2F75-4651-BD81-9444B01711CE





練習は名人を作り出す。そして夢を叶える。シーハイル!山藤

●蛇足 今日は午後からレッスン。これから狭山へGOします。