湿雪を滑るHさん

スキー仲間(生徒)のHさんが結婚します。おめでとうございます。
Hさんは弊社の受講生の中ではベスト3に入るオールラウンダーです。
2シーズン前、テクニカル合格を目標に、お互いに厳しくて辛い練習をした事を懐かしく思います。

写真は3月13日、ルーデンス湯沢スキー場でレッスン中に新雪を滑るHさんです。シャッターはもちろん私(山藤)が押しました。
新雪というよりは、湿雪(重い雪)でした。雪煙の上がり具合を見れば分かると思います。
粉雪を滑るような快感は得られませんが、このような湿雪も滑りだせば面白いものです。
私は深い湿雪を滑り終えたときの充実感を言葉で表すことが未だできません。
そして今シーズンは、この“充実感”を受講者の皆さん全員に体感してもらえるようなコーチをしたいと考えています。

アルコールに例えれば、粉雪はワイン、湿雪は日本酒ではないでしょうか。どちらも美味い!(例えが悪くてすいません)
この日は他にも4名の方が受講していましたが、それぞれ良い滑りの写真が撮れました。

今シーズンのHさんの目標は“新妻とスキーの共存”ではないでしょうか。
これは氷河のアイスバーンを滑るより難しいテクニックが必要です。結婚している男は分かっていると思います。
あまり余計なこと事を書くと新婚生活の干渉になるので今日はこの辺でおしまい。(山藤)