25b1e30d.JPG9月10日・11日、丸沼高原スキー場にてテクニカルキャンプ開催。
キャンプレポートは弊社ホームページのオフシーズンキャンプをご覧下さい。
以下は私(山藤)が丸沼の2日間で感じた事、考えた事です。ご一読下さい。

●アルペンスキー復活か?
毎年、この時期は丸沼で滑っていますが、今年のスキー場の混雑にはビックリしました。正月のようにリフト待ちがあるのです。
ゲレンデは、基礎キャンプからレーシングキャンプまで、それぞれの目的でトレーニングするスキーヤーで賑わっていました。(その反面、スノーボーダーが少ないのが気になりました。)
プラスノーゲレンデでの転倒は雪と比較すると50倍ぐらい痛いような気がします。しかし、転倒を恐れず、果敢に滑っているスキーヤーを見ると、私も元気が沸いてきました。
11日は雨でしたが、ほとんどのスキーヤーは雨具持参なのでゲンレデは相変わらず混雑。上手くなるには“雨にも負けず、風にも負けず”の根性が必要です。

●プラスノー用のスキー板
国内メーカーのO社と提携したスキーショップW店がプラスノー専用のスキー板の試乗を行なっていました。滑走面にスチールを使用したような板でした。使用しているスキーヤーはエッチングの音で判断できます。滑ってくるとゴロゴロゴロ〜と雷のような音がします。滑走性も素晴らしい。オフシーズンのトレーニングには必要なマテリアルです。O社とW店の頑張りを応援したくなります。

●基本技術に新しい古いはない
他のレッスン(特に基礎レッスン)を観察していると、どのレッスンでもターン後半のアンギュレーション(外向外傾)を強調していた。昨年までのように、低速であるにも拘らず、オーバーなワイドスタンスとターン後半までの内向内傾が姿を消しました。スピードに合ったスタンス、ターン後半の適度な外向傾、それにと伴った切り換えでの上体の先行動作が主流を占めていました。このような基本技術は昔も今も、これ変わらない不変の基本技術です。少しゆがんでいた日本の基礎スキー界のプログラムが訂正され、元に戻ったような気がました。 

最近のスキー専門誌では“先行動作(アンティシペーション)”を取り上げていますが、このテクニックは最新テクニックではありません。どちらかと言えば、古典的なテクニックです。理論お宅の方々、勘ちがいしないようにしてください。(日本の基礎スキー界で最新テクニックなどといわれる技術は昔から存在するテクニックのごく一部にしか過ぎないのです。)
(つい最近までターン後半は内向内傾という応用的な理論に騙されて指導していた方も沢山いるのではないでしょうか。)

キャンプ初日の9月10日は私の誕生日でした。生徒さんは誰も気が付いてくれません。レッスン終了後、夕食前に本日撮影したビデオや連続写真の編集をしながら一人寂しく、発砲酒を30分位の間に5本飲んでしまいました。夕食でも生ビールを飲み、少し酔った私はミーテーング中にビデオカメラを床に落として壊してしまったのです。悲しくてせつなくて、心と財布が痛んだ50歳の誕生日でした。こんな想いをしたのは16歳の時、初恋に失恋した時以来です。(山藤)