cfcf3bbc.jpg本日はプライベートでレッスンしました。今日参加のHさんのスキー技術はかなりハイレベル(指導員&テクニカル)です。
これくらいの技術レベルになると整地された緩中斜面での滑走ではよほどの事がない限り失敗することはありません。
したがって、このような技術レベルのスキーヤーは緩中斜面だけでの滑走(練習)だけに満足せず、様々な条件や状況の斜面を滑走(試合)して自分の技術を確認する必要があります。
また、難しい斜面を滑る事により、調整力を養いスキー技術をより洗練させることもできます。
緩中斜面で最新スキーテクニックなどと能書きたれて、いつも同じように滑っていてもスキーは上手くなりません。逆に悪いクセがついてしまいます。
失敗を怖がらず様々な斜面で練習成果を確認(試合)しましょう。失敗して試合で負けることもありますが、負けることにより大切なことを学習することができます。
写真は深いコブ斜面と本気で試合しているHさんです。今日は多くのことを学んだようです。山藤